安全方針 safepolicy

安 全 方 針

私は「関係法令等を遵守し安全最優先の旅客輸送サービスを提供し続ける」事を理念とし、下記の安全方針を定める。

  • 当社は、関係法令等を遵守し、安全最優先の旅客輸送を提供するため、
    事故等の発生を撲滅することを目指し、お客様の信頼に応える。
  • 安全に関する要求事項を満たすこと及び安全管理体制の継続的改善の実行を約束する。
  • 毎年、安全重点施策を設定し、実行し、チェックし、処理する。
    また、見直しの枠組みを定め維持する。
  • この方針は、ポスターとして各部門に掲示し、理解させ、実施する。
  • 安全重点施策は、適切性及び有効性について毎年4月に見直しを実施する。

  平成28年 4月 1日

代表取締役社長  桐 島 東 吾

平成28年  安 全 重 点 施 策

(1)安全の為の確認の徹底に重点を置き、船舶の運航の事故ゼロにする

  • 運航中の操船に疑念、ためらいが生じ確信が持てない場合(例えば風速や波高が、
    安全管理規定の運航中止条件を超えているのか、いないのか判断出来ない場合)
    思い切って運航を中止するか、運航管理者の指示を求める判断をして直ちに実行する。
  • 船舶の運航には、「たぶん大丈夫だろう」というような感じで操船をしてはならない。
  • 本船の位置、周囲の状況をしっかり確認した上で次のとるべき行動を決定しなければならない。
  • 船長は、気象・海象等の状況により、基準経路以外の経路を航行しようとするときは、事前に運航管理者と協議すること。
  • 運航管理者は、前項の協議又は連絡を受けたときは、当該経路の安全性について十分に検討し、必要な助言又は援助を与えること

(2)津波による災害に重点を置き津波訓練により災害ゼロにする

  • 地震直後直ちに行動できる状態にする為、津波訓練マニュアルを手元に置き
    避難のイメージトレーニングをする。